ウェブガイド用特殊アプリケーションどのような加工度にも対応する制御システム

生産ラインの配置の良し悪しは、ウェブの加工度:に依存します。

  • 未加工のウェブはウェブ自体に追加のコントラスト特性が存在しないので、 ウェブエッジまたはウェブセンターを基準に調整可能です。
  • 反対に、完成済みのウェブは印刷された線またはコントラストを自由に選択できるなど、センサー位置監視のオプションが比較的多くあります。

以下の情報は、回転フレームガイドまたはスイベルロールガイドを使用するウェブガイドを設定する際に重要です。

 

一般的なデータ:

  • 機械の種類
  • 設置場所
  • 基材の透明度(透明、半透明、可変、反射、不透明)
  • ウェブ速度
  • 基材の厚さ
  • ウェブ幅

スキャン方式:

  • ウェブエッジ
  • ウェブセンター
  • ライン/コントラスト

電話番号(+49 (0) 5206 999-0)Eメール(webguide@bst-international.com)でビーエスティ・エルトロマットのエキスパートにお問い合わせください。

スイベルローラーガイド(SF)

ビーエスティ・エルトロマットのロールガイドは、1つまたは2つのキャスターを備えた固定下部フレームと可動上部フレームから構成されます。このガイド装置の機能は、十分なインフィード長とアウトフィード長を必要とします。

構成スペースが限られていて、必要なウェブ結線で回転フレームガイドが使用できない場合は、回転ロールガイドが使われます。

ターンバー

ビーエスティ・エルトロマットのターンバーは、ウェブを90°回転させると同時にウェブを位置決めする必要がある場合に使用します。

ターンバーはウェブのインフィードスパンおよびアウトフィードスパンに対して45°の角度で取り付けます。ウェブは、180°の角度で折り返し点で巻かれ、ガイド装置は入口位置に対して直角にします。

マスタ/スレーブ(ラミネート制御)

2つのウェブを結合する必要がある場合は、ビーエスティ・エルトロマットのマスタ/スレーブ(ラミネート制御)をお勧めします。ビーエスティ・エルトロマットのエッジセンサーがマスタウェブの位置を検出し、ガイドデバイスがスレーブウェブの位置を補正します。