ナローウェブアプリケーション用 QLink ワークフロー

QLink ワークフローのメリット:

  • 以前の検査ワークフローシステムと比較して、QLink ワークフローのコストは大幅に抑えられました。
  • 印刷機で QLink リアルタイム編集を使用すると、印刷プロセス中に欠点を評価することができます。印刷機は変換プロセス中に欠点を「関連性なし」または「修正済み」に分類できる
  • インキ不足などが原因で大きな欠点領域がある場合は、廃棄ゾーンとして定義することができます。定義後は1回のステップで巻替機上で取り除くことができます
  • 総カウント数は編集ごとに自動的に更新されます。基材が十分にあることを確認するだけで、コストがかさむ過剰生産は不要です
  • 画期的な圧縮技術により、プロトコルのファイルサイズは通常のロールプロトコル(JPEG / BMP)の10%です。ディスク容量と諸費用を節約し、データ転送が高速化されます
  • 巻替機では、一般的なセンサーベースのシステムとは対照的に、カメラベースの同期が簡単にセットアップでき、非常に高い信頼性を誇ります